オイリー肌の私のスキンケア方法をする事を心がけて!

夏でも冬でも季節は関係なくお肌にはテカリ。
夏は結構周りの人もテカっていたりするのでまだいいのですが、冬場、みんなが感想で悩んでいる中、1人だけ小鼻がテカっているのはかなり恥ずかしい。

私のオイリー肌は小さい頃からで、思春期にはそのオイリーっぷりが本領発揮。
たくさんのニキビが顔を埋め尽くしました。
顔だけならまだしも、背中などにも出来ていました。

心配したお母さんが、皮膚科に連れて行ってくれたのですが、なかなか良くなりませんでした。
更に就職し、変則シフトの不規則な生活と仕事のストレスでニキビは悪化。
数が減っても大きな赤い化膿したニキビが増えていきました。

そんな思春期から20代前半を過ごした私も、今はアラサーと言われる部類に入りました。
相変わらずオイリー肌は健在ですが、ニキビはほとんどなくなり、ファンデーションのいらない肌になりました。

それは何故かって?
実は毎日のスキンケアにあります。

まずは洗顔から。
刺激の少ない低刺激の固形石鹸を使用しています。
固形石鹸を使うことによって、必要以上の泡を使わず、肌への負担を減らしています。
だからと言って泡が少なすぎるのはお肌を傷つけてしまうので、注意が必要です。

メイクをしっかりしている時は、クレンジングをするのですが、ダブルクレンジングは極力避けるようにしています。
クレンジングも、オイルではなくジェルタイプのものやクリームタイプのものを選んでいます。
もちろん、肌への負担を減らすのが目的です。

洗顔後はビタミンC誘導体の入った化粧水を、乾燥しやすいUゾーンからのせていきます。
ビタミンC誘導体には、ニキビをできにくい肌にしてくれる力があるので、メーカーにとらわれず、成分で化粧水を選ぶようにしています。
パッティングはお肌に負担をかけてしまうので、優しく指の腹を使って化粧水をなじませていきます。

美容液を使う場合は、ここで使用します。
やはりニキビを出来にくくするビタミンCの含まれた美容液を選ぶようにしています。

乳液やクリームには、保湿力の強いセラミドの配合されたものを、こちらもメーカーに関係なく使用しています。
セラミドには、水分を包み込む力があり、保湿力は最強とも言われています。
これを、特に乾燥しやすい目元や、しわの気になる口元にしっかりと塗ってあげます。

あとは、週に1?2回美顔器を使用しています。
普段のケアでは浸透しにくい美容成分を、機器を使って肌の奥の奥へと染み込ませていきます。

以上が私のスキンケアになります!

見えない部分を磨くことで、内面から美しくなれる

久しぶりに夜更かしをしてしまい、夜中の12時近くまで起きてしまいました。
美肌のためには遅くとも夜10時までには寝るようにしています。

しかし、ごくたまにそれを破ってしまうことがあります。
そのため、翌朝は寝坊をしてしまいました。

それでも睡眠不足にならないようにしっかり8時間は眠りました。
最近はアラームをセットしなくなったせいか、朝までぐっすりと眠れるようになりました。

アラームがあると、起きる時間を気にしてしまうせいか、どうしても夜中にトイレで起きたあとに寝付けなくなってしまいます。

午前2時を過ぎると、肌への影響も少なくなると思うので、早めに起きることもあります。
そこから数時間起きて、パソコン作業などをします。

この時間帯は比較的ネットが繋がりやすいと思っていました。
しかし、実際は早朝でも重いことがあります。

この時間帯のネットストレスは美容のためにも良くありません。
せっかく早起きしているのに、ネット環境が上手くいかないとついつい思ってしまいます。

朝一から気分を害したくないので、考え方を変えて、その都度、臨機応変に対処していくしかありません。

朝一に限らないのですが、できないことを無理してやるよりも、できることを最大限生かしていくようにしたほうが、時間のムダを無くしていけると思います。

特にネットはロスタイムが多いので、この時間を他のことに活用していこうと思っています。
例えば、パソコンをやりながら、携帯電話でメールを送るなどです。

世の中は目に見えないものでできています。
目に見えないものをきちんと見ていくことが、成功に繋がっていくのではないかと思います。

表面的で行動しても、上手くはいかないし、真実味が欠けていくような気がします。
美しさを保っていくためには、見えない部分を磨いていくことが大切だと思っています。

美容のためにも心も同時に磨くことが大切です。

いろいろなことをやっている時、ふと懐かしい情景が目に浮かぶことがあります。
それは景色ではなく、感覚だけの時もあります。

最近はその感覚が多くなりました。
できれば、ずっとその感覚でいたいものですが、すぐに現実に戻ってしまいます。

それは単なる妄想というよりも、素敵な情景を思い浮かべているといった感じです。
現実味がない状態ではなく、むしろ過去に経験した景色や感覚が再び蘇っています。

徐々にそうした感覚が増えてきているのは、自分の中では嬉しいことです。
同じ状態でも、または同じ景色でも、その時の感情によって見え方は変わってきます。

同じものを見るならば、できるだけ素敵な感覚で見たいものです。
目に見えない美しいものを感じることも、心身の美しさに繋がっていくような気がします。