オイリー肌の私のスキンケア方法をする事を心がけて!

夏でも冬でも季節は関係なくお肌にはテカリ。
夏は結構周りの人もテカっていたりするのでまだいいのですが、冬場、みんなが感想で悩んでいる中、1人だけ小鼻がテカっているのはかなり恥ずかしい。

私のオイリー肌は小さい頃からで、思春期にはそのオイリーっぷりが本領発揮。
たくさんのニキビが顔を埋め尽くしました。
顔だけならまだしも、背中などにも出来ていました。

心配したお母さんが、皮膚科に連れて行ってくれたのですが、なかなか良くなりませんでした。
更に就職し、変則シフトの不規則な生活と仕事のストレスでニキビは悪化。
数が減っても大きな赤い化膿したニキビが増えていきました。

そんな思春期から20代前半を過ごした私も、今はアラサーと言われる部類に入りました。
相変わらずオイリー肌は健在ですが、ニキビはほとんどなくなり、ファンデーションのいらない肌になりました。

それは何故かって?
実は毎日のスキンケアにあります。

まずは洗顔から。
刺激の少ない低刺激の固形石鹸を使用しています。
固形石鹸を使うことによって、必要以上の泡を使わず、肌への負担を減らしています。
だからと言って泡が少なすぎるのはお肌を傷つけてしまうので、注意が必要です。

メイクをしっかりしている時は、クレンジングをするのですが、ダブルクレンジングは極力避けるようにしています。
クレンジングも、オイルではなくジェルタイプのものやクリームタイプのものを選んでいます。
もちろん、肌への負担を減らすのが目的です。

洗顔後はビタミンC誘導体の入った化粧水を、乾燥しやすいUゾーンからのせていきます。
ビタミンC誘導体には、ニキビをできにくい肌にしてくれる力があるので、メーカーにとらわれず、成分で化粧水を選ぶようにしています。
パッティングはお肌に負担をかけてしまうので、優しく指の腹を使って化粧水をなじませていきます。

美容液を使う場合は、ここで使用します。
やはりニキビを出来にくくするビタミンCの含まれた美容液を選ぶようにしています。

乳液やクリームには、保湿力の強いセラミドの配合されたものを、こちらもメーカーに関係なく使用しています。
セラミドには、水分を包み込む力があり、保湿力は最強とも言われています。
これを、特に乾燥しやすい目元や、しわの気になる口元にしっかりと塗ってあげます。

あとは、週に1?2回美顔器を使用しています。
普段のケアでは浸透しにくい美容成分を、機器を使って肌の奥の奥へと染み込ませていきます。

以上が私のスキンケアになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です